ITパスポートの試験概要

受験資格

受験資格なし

(年齢・学齢・職歴・国籍問わず誰でも受験することが可能)

試験日

随時

試験会場

全国47都道府県で実施

受験料

5,700円(税込)

お申し込み

お申し込みはITパスポート試験より

試験科目

  1. ストラテジ系(35問)
  2. マネージメント系(25問)
  3. テクノロジ系(40問)

出題形式

四肢選択式が100問出題。そのうち、12問は、1つの状況設定に対して4問ずつ出題される「中間問題」

合格基準

以下の2つを満たしていること。

  1. 満点(1000点)の60%以上
  2. 各科目それぞれ満点の30%以上

ITパスポート試験概要は見ての通りで、詳しく説明する必要はありませんが、この試験の特徴として、試験が随時行われていることがあります。

これは受験者にとって非常に勉強しやすい環境だと言えます。

国家資格の多くは、年に1回の受験で、一度落ちたら来年再度受験しなくてはいけません。

そのため長期間モチベーションを保つのが困難になり、挫折する方もいるのです。

対して、ITパスポートは一度不合格になっても、又すぐに受験できるので、気持ちの余裕が生まれます。

但し、気持ちの余裕がありすぎてしまうと、一度不合格になっても、又すぐに受験すれば良いとなり、勉強に対しての集中力が失われるので、基本は一度で合格するように心がけて下さい。

フォーサイト

おすすめ