ITパスポートの優れた勉強法をご案内します

「社会人3年目。そろそろITのこときちんと勉強しておかないと、先輩としてしめしがつかないかな?」

「『ITproマガジン』とか『Internet NOW! 』とか。そういう記事がサクサク読めるようになりたい!」

「情報技術の基礎力は、やっぱり学生のうちにつくっておくべきかも!?」

エンジニアを目指しているわけではないけれど、そんな風にIT知識のことが気になるみなさんに、いま一押しの旬の国家資格がITパスポートです。

取得することはもちろん、知識を今後に役立てることが重要

当サイトはこのITパスポートの試験を受けてみた(もちろん合格しています!)管理人が、ITパスポートを取得することの魅力や、独学を中心とした勉強法などについて解説しています。

ITパスポートは独学で勉強して受験される方も多い国家資格です。

まだ試験スタートよりの実績は少ないですが、合格率も比較的に高い試験であるといえるでしょう。

しかしITパスポートは、試験に合格すること以上に、その後で役立てることが大事な資格であると、あえて独学ではない勉強法を選んだ僕は思っています。

すぐれた勉強法を習得できる!?

ITパスポート試験には独学でも合格できるかもしれませんが、独学では得られない学習効果を得られる、すぐれた勉強法もあります。

それはLANとかWANとか、SWOTとかCRMとか…。

ITパスポートの勉強を始める前はまったく意味不明だった専門用語が、まるで“イチゴショート”を頭に思い浮かべる時のように、すんなりイメージできる勉強法です。

独学でITパスポートの勉強をされる方も、独学アドバイスのページを参照しつつ、ほかのページもぜひ読みいただきたいと思っています。

合格してバリバリ活かすための資格、ITパスポートの世界をご案内します!

フォーサイト

おすすめ